忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SEOのコツ

2010年04月16日

検索エンジンは、日々良い検索エンジンにしようとしているため、現在のアルゴリズム・インデックスの仕様が、いつかは変更されます。
それ故、SEO上で常識だと思っていたことが、ある日突然非常識となる可能性もあります。


ある日突然仕様が変更になり、あるキーワードで順位が下がってしまった場合、まずやることは

「該当するキーワードで、どこが上位なのか」「そのサイトと自サイト、どこが違うのか」

ということを把握することだと思いますが、それではちょっと物足りないかなと思います。
 

これが、仕様が変更される前から他のサイトと自サイトの違いを把握していたらどうでしょうか。

何かに対して重み付けが変更(重要度が増した・逆に減った)されたなら、はっきりは分からなくても、何となく感覚で気づくところが出てきます。


そして、さらに全く自サイトと関係のない特定のキーワード(タイトルの重要性は無くならないと思いますので、出来れば検索結果の数ページ後まで該当キーワードがタイトルに含まれるようなサイトが続くものがいいと思います)で、上位サイトとそうでないサイトの違いを把握していたならば、変更前と変更後の状況で、より確信に近づくことが出来ると思います。


ネット上には分析ツール・分析サービスを行っているサイトが山ほどありますので、それらの結果をチェックし、仕様変更の前後で重回帰分析をしてみると、基数的な検証も可能となります(ただし、それをやってもなお、検索エンジン提供側ではないため、確たる答えが出ないのは言うまでもありません)。


普段からより多くのサイトを見て分析し、情報を蓄積しておくことがSEOのコツかなと思います。

その前提条件としては、自サイトがどのような状態にあるのかを知ること。
自サイトと他サイト、他サイト同士の違いが分かるようになること。
(不動産の鑑定評価でも、結構ここらへんがポイントだったりします)


単純に順位上昇だけを考えた場合、SEOはある種の「間違い探し」のようなものだと思います。
(ただし、間違いを見つけても、対応できるものと、対応できないもの、対応すべきなものと、対応すべきではないものがあります。)


今回は短い記事ですが、核心をズバッと書いたような感じでいます(笑)
 

PR