忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東北の企業・いまHPでやるべきこと。

2011年04月23日
大震災後、東北では、営業可能であるのに例年よりも仕事が入ってこないような状態の企業は少なくないと思います。

そのような場合、3種類が主に考えられると思います。

1.風評被害のケース、または、相継ぐ地震で仕事を依頼することに不安があるため。

2.主たる顧客が大きな被害にみまわれてしまった。

3.営業可能か否かが外部から判断できないため。

1の場合は、依頼者によりけりですので、ある程度の時間や情勢の変化が必要でしょう。

2の場合は、相手方に復帰の意思があるならば、すすんでサポートしてお互いに立ち直るべきだと思います。

ここで、3の場合が問題です。これはしっかり認識すべきだと思います。

この時期、東北の企業のHPは、おそらく「ビッグキーワード」の他に、「会社名」で検索されることが通常よりも多かったと推測されます。

私が言わんとしていることはピンと来たと思います。

そこでケース別ですが、幾つか対応策を書いてみたいと思います。

ケース1
会社名で検索しても違う会社が上位に表示される。または、会社名での検索において、多数登録した無料ポータルサイトにオリジナルのサイトが負けている。

このケースの場合は、会社名でリスティング広告を出すといいと思います。おそらく単価は安いでしょう。
そして、HPの目立つところ・分かりやすいところに、最終更新日もしくは営業中であることが分かることを表示すると良いと思います。ついでに、本格的にリスティング広告を始めてみることをオススメします。

ケース2
会社名での検索で1位に表示される。

このケースの場合は、SEOに理解があり、最終更新日もしくは営業中ということは既に表示されていると思います。ですが、なるべく毎日HPを少し更新して、常に新しい日付としておくのが良いと思います。

ケース3
会社名での検索どころか、ビッグキーワードでも上位表示される。

自社でSEOしているところであれば、釈迦に説法だとは思いますが、余震が続いているため、しばらくは更新頻度を上げることが必要だと思います(ブログがある場合、トップページへの表示でなくブログでも良いと思います)。
外部委託のSEOの場合ならば、主にリンクパワーで上位表示されている可能性がありますので、やはり更新日を新しくすることが必要かと思います。
営業上、まったく支障がないのであれば、その旨の文章を目立つところに表示させるか、ブログ等で記事にすると良いかと思います。

難しい時期ですが、やれることはやって頑張りましょう!

P.S
グーグルでビジネスファインダーというサービスが開始されるそうです。こういったサイト・サービスはより多くの人に認知されてこそなので、SEOのプロの皆様方、東北復興のために周知のご協力をお願いします。

PR