忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソーシャルブックマークとSEO

2009年11月06日

ソーシャルブックマークというのをご存知でしょうか。


これは、ブラウザでブックマーク(お気に入り)登録をするのではなく、ネット上でブックマークをするものです。


ネット上なので公開されており、不特定多数の人が「他の人のお気に入りを見ることが出来る」という仕組みです。


位置づけとしては、口コミの噂・紹介・情報を得るためのものといった所でしょうか。

有名なところとしては「 はてなブックマーク 」があります。


ソーシャルブックマークがSEOに効果的(被リンク目的)という記事を、以前どこかのサイトで見たことはあるのですが、私はあまり気にしていませんでした。


しかし、無駄な労力を使わないよう教訓として、今回はこのソーシャルブックマークとSEOについて書いてみたいと思います。

 

まず、「ソーシャルブックマーク SEO」というキーワードで検索してみると、確かにソーシャルブックマークはSEOに効果的という記事をいくつか見ることが出来るのですが、どうも記事が古いものが多いような気がします。


そんな中見つけたのがこのサイトです。

うーん、SEOの実験結果として先のサイトはとても価値のあるサイト(試みた手段は良くないですが、疑問に思ったことを自力で解決する姿勢がすばらしいと思います)だと思いますが、何となく「やはり」といった感じもします。


一週間で圏外から70位くらいと書かれているので、その前日の「google様からペナルティを贈られた」という記事が先の実験と関係あるのか、そして70位に上がった以後の動向はどうなったのか、とても気になります。


ブログ主さんの文章から想像するに、もしその後に順位が上がったのならば、きちんと報告が記事にされていると思いますし、逆にまた圏外へ戻った場合は、それをネタとして記事にするものと思われます。


以後の変化はないと推測するのが妥当でしょうか。


さらに色々なキーワードで調べていくと、どうも過去に一部のSEO会社が、「顧客をソーシャルブックマークに大量に登録」ということが行われていた形跡があります。


これは、実際にHPを見て「良いHPだな」「また見よう」と思って登録したブックマークとは異なり、実質的に価値のないものと言えます。


検索エンジン提供側はプロですから、こうした事態はとっくに把握し、ソーシャルブックマークの価値は認めつつ、それ相応の対策を行っているというのが現状でしょう。


なお、ソーシャルブックマークとSEOの歴史が気になる方は、「 ソーシャルブックマーク nofollow属性 」で検索結果の3ページ分くらい読むと概ね把握できると思います。
(邪道のSEOはインフルエンザとワクチンの関係の様なものなので、少なくとも3ページ分くらいを調べて頭の中で時系列的に整理することが必要となります。実際に読んでみると感覚がつかめると思います。また、その過程において、その周辺事情等、新たな知識を得ることが可能となると思います。)


 

PR