忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サイトマップの作成

2009年10月09日

サイトマップのあるサイトは結構見かけます。


サイトマップがない人も、「サイトマップを作ろうか悩んでいる」といった方は多いのではないでしょうか。


サイトマップを設置することにより、何かしらのデメリットが生じるのではないか。
SEO対策として効果があるのかが疑問だ。
サイトマップについて少し調べたが、どうも難しい。
作りたいと思っているが時間がない。


悩んでいる方には色々なパターンあると思いますが、まず、サイトマップについては、「2種類ある」ということが基礎的な知識となります。

これは知っている人は知っていますが、知らない人は当然知らないものとなります。

 

1.HPのメニューなどにある「サイトマップ」・・・つまり人が見るサイトマップ。


SEOに関係のない場合は、通常こちらが「サイトマップ」と呼ばれ、分かりやすいようにsitemap.html等のファイル名で作成されます。(SEOに関係ないわけではありませんが)


2.
検索エンジン用にある「サイトマップ」・・・人が見る意味がほとんどありません。

SEOでは通常こちらをサイトマップと呼び、「Sitemaps」とか「XMLサイトマップ」と呼ばれます。


まずは、「2のサイトマップ」について書いてみます。


2のサイトマップには書き方が色々とあり、テキストでアドレスのみを羅列するものもありますが、一般に最近では、yahoo・google・msnの3社が共通に採用しているXML形式(html.txt.pdfみたいなファイル形式の1つ)を言います。


XML形式とはファイル形式の1つで、書き方にルール(プロトコル)がありますので(HPで言えばhtmlを書くルール)、ルールに従って書くのですが、不動産業のHPにように大量のファイルがある場合、手作業ではとても大変な作業となります。

よって、普通はネット上でサイトマップを作成してくれるフリーのツールを使ったり、サイトマップを作成するソフトを使って作成します。


「サイトマップ作成」で検索すると、xml形式のサイトマップを作成してくれるHPがいくつか見つかると思います。(サーバに負荷がかかるのでアドレスは敢えて載せないでおきます)


サイトマップを作成した後は、robots.txtというテキストファイルを作成してサイトマップと一緒にアップロードしておくか、サイトエクスプローラーウェブマスターツールの指示事項に従ってxmlファイルを登録することとなります。


サイトマップの作成方法・設定方法は簡単に書きましたが、作成ツールがあるサイトで説明文が書いてあると思うので、大丈夫だと思います。


さて、重要なのは「サイトマップがあることの効果」となります。

googleでは、

動的なコンテンツが含まれている場合(動的なコンテンツがクロールされにくい事は前に話しましたね)
サイトが新しく被リンクが少ない場合
リンクが少ないファイルが大量にある場合

に特に役立つとしています。


yahooでは、

更新したページや新しいページなどが、より早く巡回されるようになる

としています。

新しいサイトや、インデックスされているファイルが少ないサイトにとっては効果は大きいものだとは思いますが、既に多くのページがインデックスされているサイトにとっては、労力(自動で作るのですが、サイトマップの更新は必要です)に見合った効果がないような感じもします。
(インデックス数が多いとSEO上、良いとされています。ただし、闇雲に多いだけでなく、適度に関連する内容が多いことが必要です。また、効果は薄いですが内部リンクも被リンク扱いとなると言われています。)


検索エンジンは世界中のサイトを効率よくクロールするために、サイトマップを推奨することは当然の成り行きなので、「検索エンジン提供側に有利となるので推奨している」と述べているサイトもあります。


ですがどうでしょう。 

 
もし私が検索エンジン提供側であれば、きちんとHPをサイトマップで管理されているサイトは、管理状態の良いHPということで若干プラスに見ると思います。

思い出してもらいたいのですが、先の「検索エンジンの仕組み(その3)」に書きました、google公式の「10の誤解」の中の「誤解6」に「更新も怠らないようにしましょう」という文章があります。

これは、そういうことなのではないでしょうか。

yahooがマイクロソフトと提携し、yahooの広報担当者が「Bingを採用する可能性が高い」と言っている以上、現在yahoo・googleで順位が上位だとしても、いまのうちからサイトマップをきちんと整備しておくのが吉ではないでしょうか。



次に、「1のサイトマップ」について書いてみたいと思います。


1のサイトマップは、主にHPを閲覧する方に向けて作成するもので、色々なサイトでサイトマップを置かれていると思います。


このサイトマップは、「シンプルにサイトの構成を把握できるもの」という位置づけですが、ここに色々な思惑が入り込むと思います。


サイトマップは画像や文章が少ないため、不動産業のHPのように色々な視点で物件を探すような場合、むしろトップページよりも使い勝手が良いページとなるかも知れません。


ですが、トップページには、見た方に訴えたい文章や、営業のための工夫が色々となされています。

したがって、サイトマップがあった場合も、できればトップページを利用して欲しい・トップページをお気に入りに入れるかブックマークして欲しいと考えると思います。


この話しになりますと、個々の考え次第となりますが、仮にトップページよりもサイトマップの方が使い勝手が良い場合、むしろサイトマップを利用していただいた方が、再びHPを訪れてもらうことができ、結果的に良い方向(成約)へ向かうのではないでしょうか。


新しい顧客を誘因するためのページ・「もう、このサイトから物件を決めよう」と判断していただく材料としてのページは「トップページ」


継続して利用していただくためのページは「サイトマップ」


というように、目的が異なる位置であっても良いのではないかと、個人的には考えています。


トップページがサイトマップよりもサイト構成が分かりやすいといったケースは、そもそもサイトマップの意味がないので、失敗のサイトマップだと思います。


ただし、「お得さ」「楽しさ」「見た感じの気持ちよさ」等の理由でトップページも見ていただけるようなサイトにするのが正しい方向だと思います。


なお、googleのガイドラインでは、サイトマップ内にリンクが 100 以上ある場合は、「複数のページに分けるように」としています。


 

PR