忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大規模データセンター

2010年10月08日
yahooが福島県の白河市に大規模データセンターを建設することとなりました。
(googleで、「ヤフー」「白河市」で検索するとニュースがいくつかあります。)

そこで、このニュースを見て色々思うところがあると思いますので、関連した話しを少し書いてみたいと思います。

まず、「福島県白河市」について。

yahooのデータセンターは日本各地に分散させていますので、白河市が特別というわけではありません。
ただし、今回のデータセンターは電気の消費を特別に抑える構想らしいです。

気候などの自然条件が適していたということなのでしょう。
(白河市は標高350~400m程度。冬には雪が降りますが、今年の夏は全国各地で猛暑でしたしね)。

「空港から近く、新幹線もある」(止まらない新幹線があるので、ご用の方は気をつけてください)
「城下町で昔から安定した土地」
「福島県は発電所が多い」
「国会の移転候補」
「スキー場も温泉も近い!」

などなど。福島県にとっては明るい話題なので「よいしょ」しておきましょう。

地震が少ないから選ばれたという話しもありますが、震度2~3程度の地震のことではなく、震度5~6の大きな地震のことだと思います。

これについては、福島県も日本の中にありますので、小さな地震はもちろんありますが、確かに大きな地震のくる可能性は低い予想となっている模様です。

次に「クラウド」について。

「クラウド」とは「雲」という直訳なのですが、目に見えて「そこに存在するのに、つかめない」といった感じです。

どういうことかと言いますと、通常私達がパソコンを使うときは、パソコンにソフトをインストールして作業ファイルを自分のパソコンやサーバに保存することになりますが、「クラウド」とは他の会社のパソコンに入っているソフトを利用して、ファイルも当該会社に保存するような形式。

つまり、私達のパソコンはネットを繋いで操作するのみの機能ということになります。

この場合、サービス提供会社はお客様のデータを大量に保存することになるため、その保守がよりシビアになります。

ですので、いざという時のために保険的にデータを分散する必要があり、安全性も要求されることになるみたいです。

モバイルが流行っていますし、パソコンを新調する際も「古いソフトが動かない心配」というのが無くなりますので、私個人としては賛成の立場です。



p.s(10月12日) なにやらSEO的な事件が発生したと思いましたら、サイトエクスプローラー終了のアナウンスですか。SEOに従事されていた方は、サイトエクスプローラーに大分お世話になったと思いますので、少し寂しい気持ちだと思います。「くぅ、メンテナンス中だ!」というのも楽しみの一つでしたね(笑)

PR