忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

yahoo対策、いまだ模索中です。

2010年02月10日

みなさん、その後のyahoo順位はいかがでしょうか。

当社のHPは「福島市 不動産」がピクリともせず、「不動産 福島市」が2位になったとおもったら3位に戻るという感じで、ほぼ動きがありません。


リンク関係に何か原因があるのかも知れませんが、色々なキーワードで、それだけでは説明できないような現象も発生しているように思えます。


 

いわゆるTDP(トップダウンペナルティ)と呼ばれる現象が、ペナルティではなく発生するケースがあるように、なにかHP制作側と検索エンジン側で意識・認識のギャップのような物が発生し、それに気が付いていないだけかも知れません。


ということで、ただ今は色々と模索中ですが、実行あるのみなのでHPに色々と手を加えています。



さて、今回のアップデート後に、私は色々なSEOサイト・ブログ・掲示板等を50以上は見たと思いますが、その中でyahoo対googleの事が書かれていたものがあったので私も少し考えてみました。


私個人の意見としては、yahooは日本人の好みを反映するのが上手で、グーグルは検索者の意図を反映するのが上手だと思っています。


したがって、yahooがbingと合体した時は、トップページが今のyahooの様であればyahooの日本シェアは安泰だと思っています。


日本人は、あまり使わない機能がついている多機能なものが好きであったり、様々なものに色々混ぜるのが好きだったりします(偏見ですが)。

色で例えるならば、中間色というよりはグラデーションと言った方が相応しいかも知れません。

日本の四季(気候)がそうさせるのか、住んでいる人の人種が少ないことの反対効果なのか、理由は分かりませんが、賛同される方はいらっしゃるのではないかと思います。


なので、もしgoogleが日本での検索シェアをこれ以上に獲得するならば、例えば世界各国の出来事を1行ニュースにするなど、多少ヤフーに歩みよりつつ、差別化を維持するのがいいのかな、と勝手に思ったりします。 (物はそう簡単ではないと思いますので、素人意見です)


なお、先日噂の某Y社の資本関係にあるG社からSEOの案内電話が当社にありました。
当社はSEOの営業をほとんどされた事がなかったので、少し新鮮でドキドキしてしまいました。

妙にテンションが高いなと気味悪がれたかも知れません(笑)
 

PR