忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

yahooの現在の傾向?

2010年05月02日
早起きしたので、臨時ブログを書いてみました。

現在のところ、全体的な動きではなくて、各キーワードごとに変動は続いている感じです。

なので、まだ色々と判断するのは時期尚早かも知れませんが、感覚的に思ったことを書いてみたいと思います。

まず、今回のアップデートで、当社不動産部のキャッシュが復活したのは前回の記事の追記として書きました。


まだキャッシュが表示されないサイトもある模様ですが、当社の場合ですと何やらキャッシュへの反映が異様に早いです。

どのくらいかというと、去年の末あたりの早さです。

もともとyahooはサイトを修正した際のキャッシュへの反映は早かったような気がしたのですが、いつの間にか遅くなり、全然反映されなくなってキャッシュも表示されなくなったような経緯でした(当社の場合)。

検索結果は、他の競合サイトとの関係は異なるのですが、どうも過去のある時点に戻っているような、そんな感じを受けます。例えて言うならば、年末あたりからyahooがBingに取って代わり、またyahooに戻った・・・そんな印象を受けます。今後のBingの動きも少し気になるところです。

具体的な検索結果では、イメージとしては真ん中が高い山が、上からポンと押されて、真ん中が凹んだとともに両サイドが上がった。そんな印象です。

変動中なので今後どうなるかは分かりませんが、当社の場合は、「このキーワードでも上がりたいな」と思っているものが上がり、主として狙っているキーワードが下がった。そんな感じです。

なんて言うんでしょうか、各キーワードごとの相関関係が強まった?
・・・ような感じがします。どうなんでしょうか。

仮にそうであるならば、今まではお目当てのキーワードで上位表示を狙うような施策だったと思いますが、関連するキーワードも積極的に上位表示を狙うと全体的な底上げになるような感じがします。

当社の場合はこれは方針変更となりますが、google・Bingがお目当てのキーワードでここしばらく1位をキープしているので、そちらに影響しないか、少し心にブレーキがかかりそうな、悩ましいところだったりします。過激なことを避けて、じわりじわり来ていたものが、アップデートの早さに追いついていない、当社の現況はそんな感じかなと思います。

もう少し見てみましょうか。とりあえずファーストインプレッションです。
PR