忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

検索エンジンの仕組み(その2)

2009年09月11日

前回の復習としまして、まずクローラーと呼ばれるものが世界のHPを調査し、その時にキャッシュし、その後インデックスするということでした。

不確定要素が多い世界ですが、出来るだけ分かりやすく、有益な情報も提供したいと思いますので、ブログ更新に多少時間がかかるのはご了承ください。


「検索エンジンの仕組み」は3回に分けて書く予定ですが、今回は その2回目です。
 

さて、yahoo・googleなどのパソコンに保存(キャッシュ)されたものの中から、索引がつけられ(インデックス)、検索する人が「大橋さん」を調べた時に、大橋さんに関するHPが探され、そしてランクがつけられるのですが、

検索エンジンが順位を考える際は、インデックスされたものの中から考えることになります。


***注:前回は「大橋さんぽい人」としていましたが、今回はそれを一般化して「大橋さんに関するHP」としました。***


なので、順位を考える際のHPの内容は、現実のHPの内容よりも少し古い情報となります(HPが更新されていない場合は現実のものと同一となる)。
したがって、SEO対策を行い、HPを少し変更したからといっても、すぐには順位には反映されず、ここにタイムラグが発生することになります。

なお、インデックスには該当HPのアドレス(URL)も入っているため、現在のHPを見たい場合は、そのアドレスをたどって見に行けばいいことになります。


色々と書きましたが、


1 
インデックスされないと検索エンジンがHPの存在を知らないため、検索結果に表示されない。

2 インデックスされる時には、言葉とアドレス(ファイルごとの)以外に、順位づけの参考になる他の何かがセットにされる。

 検索された時に、インデックスされたページが、何かしらの方法(アルゴリズムと呼ばれます)により順位をつけられる。


となります。


1 については、クローラーがサイトを訪問するためのを作ってあげなければなりません。
これについては、「他のサイトにリンクを張ってもらう」もしくは、「yahoo・googleにサイト登録する」ということが必要になります。

ここが相互リンク(被リンク獲得の手段としての)が必要になるところです。

以前のgoogleは「相互リンク神話」がありましたが、現在はさほどでもありません。ただし、多少なりともランキングを上げることはプラスにはなるそうです。これについては次回に詳しく書きたいと思います。

また、クローラーは生き物みたいなもので、道があり、その先に葉っぱがあったとしても好き嫌いがあるらしく、全部のリンクを調べてくれない(進んでくれない)場合があります。

他のサイトへのリンクのみならず、自社のHPのトップページから他のページへのリンク・逆に他のページからトップページへのリンクも該当する話しです。


よく言われるのが「動的なサイト」はクローラーが嫌がってインデックスしてくれない場合があるとのことです。


動的なサイトとは動きがあるサイト、つまり見る人によってコロコロ変わるようなサイト(カウンターのサイト版と考えると分かりやすいでしょうか。テレビで例えると、トップページがテレビの本体で、中身は見る人の動作・配信する人がデータを変えることによりコロコロ内容を変えることが出来るサイト)です。


逆に「静的なサイト」とは通常のhtmlで書かれたサイトを言います(これについても次回に詳しく書きます)。


それ故、アドレスに?%=が使われていたり.phpのファイルなどはクローラーは嫌がるとされています(対策はあるそうですが)。


あるページ(サイトの中の各ページ)がインデックスされていないということは、当該検索エンジン上はそのページは存在していないということです。


例えば、ある会社のHPに相互リンクをお願いしたとして、その目的が会社同士の関係づくりではなく、単なるSEO目的だとした場合、
リンクを張ってくれた会社の「リンク集ページ」がインデックスされていないと、検索エンジン上では被リンクとして扱ってはくれないことになります。つまり、SEO対策としては何ら効力が無いことになり、目的は果たせなくなります。


相互リンク相手のリンク集ページがインデックスされているかどうかは、「相手の会社名 リンク集」で検索すればすぐに分かると思います。

ですが、たとえインデックスされていなくても、リンクを張ってくれた会社は貴社に対して友好的であり、今後のSEOに対しても積極的だと思われるので、将来のことを考えて、相互リンクをお断りする様なことはしないでおきましょう。


また、もし貴社のHPのリンク集がインデックスされていない場合(念のため上記方法で確認することをおすすめします。相手にプラスになれば、巡りめぐって自分にプラスになると思います。)は、 「検索エンジンへの登録をする」・「インデックスされるようなページに最適化する」等を心がけた方が良いと思います。


長くなってしまいましたので、2・3については次回に書いてみたいと思います。

「検索エンジンの仕組み」という題で1番書きたかった内容は次回の(その3)となりますが、(その1)(その2)の内容を踏まえると、より理解できると思います。

楽しみにお待ちくだされると光栄です。
 

PR