忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日もYahooの話題です。

2010年03月11日

Yahooのインデックス・アップデートです。

アップデートの完了までには数日を要するとのことなので、現段階の変化については何とも言えないものがありますが、少ない情報の中で私が感じた事を書いてみることにします。


まず、私が思ったことは、前回のアップデートを行うまでは期間が結構あったと思いますが、今回は期間が短いことに対する違和感(9月4日・前々回、1月26日・前回、3月11日・今回)です。


 

1月26日発表のインデックスアップデートも、Yahooが「これが良い」と判断したものであったはずです。


現在はアップデート進行中・完了しているものが併存している可能性が高いので、予測をするには時期尚早だとは思いますが、うーん、どうなんでしょう。


確かに順位変動は見られますが、前回のアップデートで特に大きく変化がなかったキーワードが大きく動いているような感じを受けています。


色々なブログ記事をざっと見て、どうも前回のアップデートで色々と話題として出た現象と、今回の現象で被る内容があるような感じもします。


また、前回のアップデートは久しぶりという理由もあったかもしれませんが、もっと「あーでもない、こーでもない」「こんな現象が!」という記事が多かったような感じがしますが、今回は「しばらく様子見」という記事が多い傾向にあるような感じです(それが正しいのだと思いますが)。


9月以降様々な検証のもと考えられた処理が、1月26日・3月11日と何かしらの基準で分別されたグループに順次適用され、さらに今後も残りに順次適用される。


または、各処理をグループに分け全体に対して少しずつ反映させていく。


Yahoo・googleの検索結果は、経済活動に大きな影響を与えると思いますので、こういった計画もアリなのではないかと考えます。

しかし、前回のアップデートでの処理を微修正している可能性も否定できないものがあります。


順位が落ち着くまで何ら説得性のない感想ですが、もし前回のアップデートで特に変化がなく、今回だけ大きく変動している方がいましたら、前回アップデートの際の色々なブログ記事を参考に、現象を比較してみるといいかも知れません。

PR