忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タグの覚え方

2009年12月03日

前回は<BR>のことについて書きましたが、みなさんは<BR>をどのように「読んでいる」「呼んでいる」でしょうか?


<BR>は 「break line:ブレイク ライン」 と読み、意味は改行です。

ラインは行の意味ですが、ブレイクは一休み・中断する時に使う意味のブレイクです。
直訳すると、「行を中断」ということになります。


今日はソースを理解しやすいように、タグは何の略なのかについて書いてみたいと思います。


 

<head>は「header:ヘッダー」頭・先端という意味です。

<h1>とか<h2>とかは、「heading:ヘディング」見出し・頭書きのことです。


ちょっと似てますが、<head>はHP全体の見出し・h1等は中身の見出しという感じになります。


<body>
は胴体・本文という意味で、これは大丈夫かと思います。


<p>
は「paragraph:パラグラフ」段落という意味。

<div>は「division:ディヴィジョン」部分・区域という意味です。

似たものに<span>「span:スパン」がありますが、期間・範囲という意味で、親指の先から小指の先の長さ(約23センチ)という意味もあります。


<div>の方は比較的大きい範囲、<span>の方は狭い範囲となります。


なので、<div>文章<span>文章</span>文章</div>は、小さい範囲の物を大きい範囲で囲んでいるので正しい。

ですが、<span>文章<div>文章</div>文章</span>だと大きい範囲の物を小さい範囲で囲んでいるので間違いとなります。


<p>
は段落という意味ですが、<div><p><span>は、大きい箱・中位の箱・小さい箱という感じで覚えると良いかもしれません。

例を書きますと、

<div><p></p></div>は正しい。
<p><div></div></p>は間違い。
<span><p></p></span>も間違いとなります。

<img> 「image:イメージ」画像という意味なのは予想していたと思います。
srcは「source:ソース」もと・源という意味なので、<img src="">となると、「画像の表示・そしてその場所は」という感じになります。
 

<a>は「anchor:アンカー」錨・固定するという意味です。舟を止めておくときのイカリと同じです。
hrefは「hyper reference:ハイパーリファレンス」のことで、hyperは「凄い・超越した」という意味、
「reference」は関連・参照という意味なので、<a href="">となると「そのページを超したモノとの関係を固定する」という意味になります。

単純に「リンクを張る」ということですが、ハイパーと付いているのは、別にスーパーとかウルトラの様に格好をつけているのではないということです。
なので、「リンク」のことを「ハイパーリンク」とも呼びます。

alt は「alternative:オルターナティブ」:代わりのモノという意味ですが、オルタ~、~オルタで、~の代わり、もう1つの~という感じで造語があるみたいです。これはあまり聞き慣れませんね。

<table>という意味ですが、
<th>は「table header:テーブルヘッダー」テーブルの見出し
<td>
は「table data:テーブルデータ」テーブルのデータ
<tr>は「table row:テーブルロウ」テーブルの行。rowは英語で列という意味なのですが、「1列になっているもの」という意味で「行」という感じになります。


どうでしょうか、知っていたものもあれば、知らなかったものもあったと思います。

htmlの参考書は本屋さんに数多く並んでいますが、ここらへんの説明はほとんどないものが多数です。

ルールさえ覚えれば上記のことは知らなくても支障ありませんが、最初に上記の内容を知れば、htmlの理解も早かったのではないかと思います。

 

PR