忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Yahooで「福島市 動産」が1位!

2010年03月05日
やりました!「福島市 動産」でYahoo 検索順位1位です!!!!

・・・・・・・。

ちがーうっ!! それじゃなーい! (=д=ノ)ノ

賢明な読者の方は、タイトルで見事につっこみを入れていただけたと思います。

今日のお話しは、世にも不思議な検索結果のお話しとなります。



google の方は、最近サイト管理者の為に色々と手を尽くしてくれている感じですが、検索順位の方は比較的安定していると思いますので、yahooでの検索結果を例に、いくつか挙げてみたいと思います。
(順位は環境等により、多少異なることもあります。また、とてもマニアックな内容となっています。)


「福島市 不動産」2位
「不動産 福島市」1位
「福島 不動産」 7位


ここらへんが、当社が目標としているキーワードとなります。
スペースが間に挟まっているので、いわゆるAND 検索(双方を含むサイトを検索)です。
(追記2※ 特に何もしていないのですが、どうも様々なキーワードで微妙にup・downしております。今回はトップのみではなく下位ページもソースの見直しをしたのでタイムラグの関係で変動しているかも知れません。ですので、順位は一時点の状況としてご了承ください。)

福島市は福島県の県庁所在地ですが、福島と言えば、一般に福島県を指します。
福島市と福島の両者ともにyahoo・google で上位を狙いたい所ですが、諸事情により少し大変なものとなります。ここは各社HPの方向性・エリアで選択するところだと思います。


「福島市不動産」 1位
「不動産福島市」 1位
「福島不動産」  6位


上記のキーワードは、スペースを抜いたものの順位となります。
スペースが間にありませんので、AND 検索ではないのですが、結果はAND 検索に類似しています。
一般にスペースを入れて検索する方法が主流だと思いますので、ここは、なぜスペース有りと無しで違うのか?という所を追究するための材料となります。

私なりの答えは出ていますが、客観的に考えて、未だ 50:50 の答えです。
試したことの無い方は、実際に自サイトで試してみましょう。
思わぬ糸口と成り得る所だと思います。


「福島市 不」  1位
「福島市 動産」 1位
「福島市不」   1位
「福島市動産」  4位


不動産という言葉を、不・動産の二つに分けての結果です。
当社のみではなく、検索結果は、ほぼ不動産関係となります。
「不」または「動産」 という言葉と「福島市」という言葉を使用して、サイトとして成り立たせているいるものの多くが、福島市の不動産関連サイトであると思いますので妥当な結果と言えます。

「条件を指定して検索」で「ゆれを含めない」にチェックを入れても同じ結果なので
「ゆらぎ」による処理ではないことが分かります。
しかし、「福島市 不」で1位、「福島市 動産」で1位であるにもかかわらず、「福島市 不動産」で2位
という所が実に興味深い結果だと思います。


「福島市 ふどうさん」1位
「ふどうさん 福島市」68位
「ふくしまし 不動産」100位以下
「不動産 ふくしまし」100位以下


これらの結果には全て「~ではありませんか?」と出ますので「ゆらぎ」による処理であることが分かります。
通常、これらの言葉を使用して、かつ、片方が漢字で、片方が平仮名という状態で検索する人が
非常に少ないことに起因するところだと思います。
なお、「福島市 ももりん」では「~ではありませんか?」とは出ません。

検索結果を表示する一瞬で、どれだけ多くの人が検索したのかをデータベースで判別するのだと思いますが、驚くほどの早さです。

当社のサイトに平仮名で「ふどうさん」という言葉は1つもなく、また被リンクのアンカーテキストにもないはずです。ところが「福島市 ふどうさん」で1位となっていることから、「ふどうさん」は「不動産」に関連づけられている事が分かります。
一方で、「ふくしまし 不動産」では100位以下なので、「ふくしまし」は「ふくしまし」であると思われます。


「福島市 府道産」2位
「福島市 不動散」2位
「福縞誌 不動産」2位


すごいです。ここまでやる必要はなかったと思いますが、
これは、通常の「福島市 不動産 も含めて」と表示されていますので、これも「ゆらぎ」です。
「福島市 不動散」の場合、福島市 不動産 も含めて」という表示の「福島市」と「不動産」が太字であるのに対して、
「福島市 ふどうさん」の場合は、「福島市 不動産 も含めて」の表示が「不動産」だけ太字となっています。
ここが1位と2位との違いを発生させている原因と考えられますが、
考えすぎは体に毒なのでやめておきましょう(笑)

今回、私が思ったことは、素直に「検索エンジンってすごいなー。」ということでした。

なお、当社希望のキーワードでの順位が微妙に上昇していますが(また下がるかも知れませんが)、
講じた内容は、前々回で書きました内容での、私なりの答えを少し反映させたことと、少しだけトップページを頂点とした三角形を意識してみたことです。
実際の所は後者の影響が大きいかも知れません。



P.S 「R L」のSさんおめでとうございます。社員一同、心よりお祝い申し上げます。



PR