忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いまさらですがyahooアップデートのお話し

2010年02月19日

yahooとMSの業務提携が独占禁止法当局から承認を得たという話しでもちきりとなっています。

おそらく「ゲームの木」はある程度出来上がっていると思いますので、何かしらのGOサインはでるでしょう。


ですが、今日は敢えて、先のyahooインデックスアップデートの事について書いてみたいと思います。
 

さて、「福島市 不動産」「不動産 福島市」のキーワードを目標としている当社不動産部のHPですが、
アップデート前では前者は1位、後者は2位だったものが、それぞれ4位、3位となったことは以前にお話ししました。現在もそれぞれ3位、2位くらいに上がる時もありますが、また戻るを繰り返している状況です。


7割の方がリピーターの方なので、ある程度上位に表示されていれば特に問題はないようにも思えますが、微妙に新規セッション率が上昇している(逆に言うとリターン率が下降)ことが気になります。


時期的に新規の方の割合が増えるのは当然だとは思いますが、このまま4月を過ぎてもこの傾向であるとしたら問題があります。

また、みなさんHPを頑張っている方が結構いますので、当社も怠けてはいけません。


ということで、引続きSEOを頑張っていきます。
物件を多くの方に見てもらうようにするのは、ある意味不動産会社の義務だと思っています。


「なにやら今凄く変動しているんじゃないの?」
という声も聞こえそうですが、とりあえずアップデートの考察の件で話しを進めていきます。


今回のアップデートで私が「これかなー?」と考えていることは、


.将棋で言うところの、「王手飛車取り」の様な手をうってきた。
.複合キーワードの各順番の重み付けが変更された。

です。


この2つで、今回色々な所で見られている現象が説明出来そうなのですが、いかがでしょうか。


については、今回の承認の話題等、向かっていく方向性として可能性が高く、また、継続的にあるモノについて対策をしているyahooの流れに合致していると考えます。

ですが、これについては仮に正解していたとすると、多少条件付けが甘かったのではないかと思うので、将来的に調整されそうな感じがします。

至極正当な方法で回避する方法はありますが、本末転倒になりそうなので私は出来ません。


については、前回の日記にも書きました「HP制作側と検索エンジン側で意識・認識のギャップ」も関係していると考えます。

「○○○ ×××」という複合キーワードで上位表示を狙っていたとした場合、
HP制作側では「○○○」と「×××」という2つの言葉として認識すると思いますが、
それは検索エンジン側では、実は「○○」「○」「×××」という3つの言葉として認識しているかも知れません。

例えば、この3語のそれぞれの重み付けが変更され、さらに1が絡まってきますと、もう大変です。


今回の日記は、とても抽象的な話しとなってしまいましたが、私の日記内のカテゴリとしては、「キーワードのお話し」に入れておくことにします。

 

PS.SEOとは全く別件で、電話でyahooにリスティング広告の問い合わせ(アカウントについて)をしたところ、とても親身に対応してくれました。私はyahooの回し者でも何でもないのですが、氷山の一角を見たように感じました。

また、今回の日記が役に立ったと思われる方は、リンク集のページで十分ですので、当日記にリンクを張っていただけると大変嬉しいです(タイトルそのままでお願いします)。


 

PR